【Eevee】Blender2.8でディゾルブエフェクトを作る!

Autodesk(オートデスク)

前回トゥーンシェーダーを作りましたが今回もシェーダー(エフェクト)を作りたいと思います。

Blender2.8触り始めてシェーダーしかやってないので、いまだにモデリングのやり方が分かりません!

今回はディゾルブエフェクトを作ります!

画像を見ればどんなものか分かると思いますが、こういう表現のことをディゾルブって言うんですね。さっき知りました。

[st-mybox title=”本文に入る前に” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

前回の記事で、オブジェクトのトランスフォーム(位置やスケール)、シェーダーエディターの開き方を書き忘れてました。すみません・・・。

加筆しましたので、分からない方がいればこちらご覧ください。

[/st-mybox] [st-card myclass=”” id=1597 label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=””]

シェーダーを作る

まずは前回と同じように球体を作成します。
位置は原点(0,0,0)にしてください。

ベースの作成

レンダープレビューへ切り替え、マテリアルを新規作成します。

ノードの追加から[入力 > ジオメトリ]、[コンバーター > XYZ分離]を追加し、画像のように接続します。

[コンバーター > 数式]を追加し、画像のように接続します。

[数式]の値を触ると、縦軸のグラデーションを調整できるようになりました。

最後に[コンバーター > カラーランプ]を追加、接続します。

これをマスクに使用します。

[シェーダー > シェーダーミックス]とシェーダー2つ(色を変えれば同じシェーダーでも可)追加、接続します。
これでベースの完成です。

境界エフェクトの作成

[カラーランプ]を追加し画像のように接続します。
[カラーランプ]の+を押しカラーストップを追加、色、位置を画像のように設定します。

境界に沿ったマスクができました。

[シェーダーミックス][シェーダー > 放射]を追加、接続します。

放射の値を大きくするとエミッション(光)も強くなります。

[st-mybox title=”注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#ef9a9a” bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

画像のように光らせるためレンダー設定でブルームをオンにしましょう。

[/st-mybox]

[プロパティ > レンダー]を開き、[ブルーム]にチェックを入れます。

すると先程の画像のように光るようになります。

ディテールの追加

[カラー > RGBミックス][テクスチャ > ノイズテクスチャ]を追加、接続します。

[RGBミックス]を焼き込みに変更すると画像のようにディテールがつきます。

これでディゾルブエフェクト完成です!

別パターン

同じように[ノイズテクスチャ]を使い別パターンを作成してみます。

その1

その2

その他

また[シェーダー > 透過BSDF]を使えばこのような表現も可能です。

※マテリアルのブレンドモードを[アルファクリップ]にします。

オブジェクトを動かす

ワールド位置で制御しているため、オブジェクトを動かすとこのような表現も可能です。

もちろん固定させたい場合もあると思います。

そういう時は[入力 > オブジェクト情報]を追加、接続しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シェーダー触るのが楽しくて連続でシェーダー記事になってしまいました。
次のBlenderに関する記事はできれば基本的なものにしようと思ってます。

それではまた!

Autodesk(オートデスク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。